新しい芽吹き

黄色のカプセル

プロペシアを使ってDHTを抑制すると、髪の毛が抜ける量は減りますが、プロペシア自体に育毛の効果はないので、髪の毛が顕著に生え始めるわけではありません。
だからこそ、プロペシアで抜け毛を防止しながら、ミノキシジルによって育毛を行いましょう。
ミノキシジルは世界で唯一発毛効果の認められた育毛剤です。これは日本でも使用されており、「リアップ」の名前で親しまれています。
ミノキシジルはそもそも血管を拡張させ、血圧を下げるために開発された薬です。ただ、実際に臨床試験で使用してみると、髪の毛をはやす効果が顕著に確認されましたので、今では育毛剤として多くの男性に利用されています。
育毛剤の中には眉唾物が多いのも事実ですが、ミノキシジルに関しては世界規模での実績がありますので、安心して利用しましょう。

ミノキシジルとプロペシアは併用することで最高の効果を得られます。髪の毛に関する薬を併用すると互いに干渉しあい、悪影響が出そうなイメージがありますが、ミノキシジルとプロペシアには一切ありません。
ミノキシジルとプロペシアを一緒に使用するのは発毛外来でも行われるほど効果的な方法で、薄毛を劇的に改善できる方法とされています。
プロペシアもミノキシジルも、効果には個人差がありますので一概には言えませんが、少なくとも二つの薬の成分が干渉しあうことはないので、安心して利用しましょう。

プロペシアが守りの薬なら、ミノキシジルは攻めの育毛剤だといえます。
守っているだけでは戦いには勝てませんので、しっかり守りを固めつつ、攻めの姿勢も展開していきましょう。