• AGAの抜け毛を防ぐ

    薬の瓶

    AGAによる薄毛を治療するためには、ミノキシジルなどの育毛剤も大切ですが、原因物質であるDHTを抑制することが重要になってきます。プロペシアを使うことでDHTを抑制すれば高い効果が期待できます。

    Read more
  • 新しい芽吹き

    黄色のカプセル

    プロペシアで守りを固めた後は、ミノキシジルで髪の毛を生やす効果を狙いましょう。ミノキシジルは唯一発毛効果が認められた育毛剤で、プロペシアとも干渉しあわないため、併用するのがオススメです。

    Read more
  • ネットで購入する

    電話をしている男性

    AGAに対抗するためのプロペシアとミノキシジル系の育毛剤は、通販で購入することをオススメします。通販なら誰にもバレずに簡単に購入ができますし、病院よりも安価で購入できます。少しでも安い薬を手に入れることを心がけましょう。

    Read more

若いのに抜けていく理由

階段の踊り場の男性

男性が恐れる老化現象といえば、なんといっても薄毛でしょう。人間の髪の毛にも寿命がありますので、年を取るにつれてどんどん抜けていってしまいます。
ただ、最近は老化による薄毛ではなく、若いうちから髪の毛がどんどん抜けてしまうという症状に悩まされる方が増えてきています。
特にこれは男性に多く、早い方だと、20代ごろから悩まされている方もいるようです。
実はこの薄毛は老化とは全く異なる理由で生じているもので、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれています。
AGAは社会問題になりつつあり、現在は専門の外来ができるほどになっています。薄毛が気になりだした男性は要注意です。

AGAの原因はDHTと呼ばれる男性ホルモンです。DHTが頭皮に増えてくると、毛髪の成長サイクルが短くなってしまいます。
どれくらい短くなるかというと、普通の髪の毛は2~6年かけて太く長く成長するのですが、DHTの影響を受けた髪は成長が1年未満で終わってしまいます。
こうなってしまうと、髪の毛が十分に育たないので細く弱くなり、非常に抜けやすくなります。仮に抜けなかったとしても、細い髪にはボリューム感が足りないので、見た目はかなり髪の毛が少なくなったように感じられます。
DHTの分泌量は遺伝などの要因が強いので、いつ誰が抜け始めるかわからないような状態です。
発生を抑えることはできませんが、抜け始めた毛をカバーしてあげることはできますので、きちんとケアを行いましょう。
またケアだけではどれだけ努力してもやはり限界があります。そんな時に頼るべきものは育毛剤になります。
プロペシアやミノキシジルといった育毛剤は抜け毛を減らし、そして豊かな髪を育てる効果があります。使用してすぐに効果が出るものではありませんが、長く続けることで実際に薄毛を改善できたと言う声が多数あがっています。

薄毛対策にはミノキシジルが効果的です。